肉ダイエットなら、美味しいものを食べても痩せられます!

赤みの肉を食べるようにしましょう

肉を食べたら、痩せられるというのは信じられない話かもしれません。肉には筋肉の元となる「たんぱく質」が豊富に含まれており、筋肉が付きやすくなって消費カロリーが増えるのです。そうすれば、摂取カロリーが増えても太りにくくなるでしょう。ただし気をつけて欲しいのは、赤みの肉を食べるようにしたほうが良いのです。赤みの肉は脂肪燃焼の働きがある「L-カルニチン」が多く含まれているのです。食べるなら赤みの肉が望ましいでしょう。

肉の質の選び方が重要です

肉は赤みであれば理想ですが、その赤みの色が濃い肉ほど新陳代謝しやすい体になります。ダイエットや筋トレをする方で、脂肪がつかない肉で思いつくのは「鶏のささみ」ですが、その肉よりも新陳代謝に良いのが「羊のラム肉」です。ある俳優がモンゴルに行った時に、ラム肉ばかりを食べていたら痩せた話があります。なぜラム肉は痩せやすいのかと言うと、この肉は特にL-カルニチンが多く含まれて、体脂肪を効率よく燃焼してくれます。さらに、他の肉に比べて低コレステロールなので、肉のなかで特に痩せると言われているのです。

肉を食べる代わりに、糖質は抑えましょう!

肉ダイエットで気を付けて欲しいのは、糖質を抑えることです。特に炭水化物であるご飯は肉によく合いますが、この組み合わせは太りやすいので避けるようにしましょう。野菜も糖質の多いゴボウや玉ねぎ、ニンジンと赤ピーマンなどは食べないほうが良いです。そのため、根菜よりは葉菜を選んで行けましょう。糖質ダイエットはデメリットが多いと言われていますが、糖質を抑えることによって摂取できない栄養などを肉で補えるので問題ありません。

品川美容外科の裁判について調べる